アリ駆除ならアリ駆除navi|アリの生態

*

アリ駆除navi

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-790

フリーダイヤル0120-949-790

最新情報・レポート

蟻駆除:15,000円~アリ駆除のプロが対応&ご相談無料|アリ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

アリの生態

多くのアリ社会は一匹の女王アリをトップに、複数の兵隊アリや働きアリで構成されています。その一匹の女王アリを駆除しなければ、アリの駆除は難しいと言われています。では、その女王アリはどのように決められているのでしょうか、実は、産卵直後には女王になるのか働きアリになるのか決まっていないのです。働きアリの子育てや、女王アリの与えるエサの量によって決まるのです。しかし、あり社会の中でも一番大きな女王を育てるためには大量のエサが必要になります。そして育った新女王は巣から飛び立ってしまうため、コロニーに余裕がなければ、育てることができません。コロニーの数が少ない間は、とにかく働きアリが必要になるため、幼虫に与えるエサの量を制限します。例えばクロオオアリは2年ほど経ち100匹以上になると、働きアリよりも体の大きな兵隊アリが育てられるようになり、さらに3~4年経ち数百~千匹を超えると、はじめて女王が育てられます。新たに育てられた女王には羽が生えていて、繁殖期を迎える頃に巣から飛び立ち他の巣の複数のオスと後尾をし、新たなコロニーを作り始めます。女王アリが産まれるには数年を要しますが、女王アリの寿命は10~20年と言われているため、寿命を終えるまでにはほぼ確実に新たな女王を育てることができます。基本的に巣の中で産卵するのは女王アリのみですが、稀に雌の働きアリが産卵することもあります。実はアリの性別は産卵前に決まっており、受精卵が雌、無精卵が雄になるのです。つまり、交尾をしていない雌の働きアリが産んだ卵は雄になります。こうして女王がいなくなっても別の雌アリが働きアリを産むことで新たなアリ社会を作り出しているのです。
評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。