アリ駆除ならアリ駆除navi|大量発生した蟻の対策法、原因をまとめて紹介!

*

アリ駆除navi

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-790

フリーダイヤル0120-949-790

最新情報・レポート

蟻駆除:9,800円~アリ駆除のプロが対応&ご相談無料|アリ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

大量発生した蟻の対策法、原因をまとめて紹介!

大量発生した蟻の対策法、原因をまとめて紹介!

黒アリが家の中に入ってきて困っている…。そんなお悩みをお持ちの方も多いと思います。蟻はちいさく集団で生活する生き物なので、根本的な駆除が難しい面もありますが、本記事では、そのようなときに効果的な対処法をご紹介しています。

 

蟻の特性をうまく使った駆除方法や、蟻を発生させないための予防法など、今蟻にお悩みの方だけでなく、これから蟻の被害にあう可能性のある方にとってもためになる情報をご紹介します。

 

「駆除はしたいけど薬剤の健康被害が心配」「なるべくむごくない駆除がいい」そんなご希望をお持ちのお客様にもきっとご満足いただける、自分でできる蟻対策を伝授いたします。

 

 

 

 

 

 

蟻が発生する原因とは?

蟻の中には、動物性の食糧を好む蟻と、植物性の食糧を好む蟻がいます。後者は緑のある場所に多く、砂糖やアブラムシの蜜などを好んで食べています。 前者は住宅近辺に生息し、虫の死骸などを好みます。
そんな蟻が家の中に入り込むには、おもに2つの原因が考えられます。

 

①壁やサッシなどの穴・隙間から侵入
蟻がすすんで室内に侵入してくるのがこちらのタイプです。
一匹だけで行動している蟻は、偵察役です。エサを発見すると、地面ににおいをつけながら巣に帰ります。後から仲間と集団でにおいをたどり、エサのある場所までたどりつくという習性があります。

偵察の時点では一匹であっても、エサのありかの情報が仲間に共有されると、行列がぞろぞろ入り込んでくるのです。

 

②自分で蟻を入れてしまう
こちらは、蟻というよりも人間が侵入原因を作ってしまっているケースです。
庭の植木鉢や、長いこと倉庫に置いておいた畳など、蟻の巣が作られていると知らずに家の中に持ち込むことで、蟻が発生します。

 

大量に発生した蟻の対策と駆除方法

大量に発生した蟻の対策と駆除方法

家の中に蟻が大量に発生したときは、どのように対処したらよいのでしょうか?
毒エサや殺虫剤などを使うこともできますが、なかにはご家族やペットの健康を危惧して、なるべく薬剤は使いたくないという方もいらっしゃると思います。
ここでは、各ご家庭の事情によって選べる、さまざまな蟻駆除方法をご紹介します。ご自分のお家に一番ぴったりくるものを選んで実践してみましょう。

 

①毒エサ・殺虫剤を使う
蟻駆除と聞いて思い浮かべやすいのが、毒エサ・殺虫剤かもしれません。市販のものにも粉タイプ、スプレータイプ、販固形タイプ、毒エサタイプなど、さまざまな種類があります。

 

②自分で殺虫剤を作る
自分で殺虫剤を手作りすると、成分を選択することができます。天然成分でないと健康に不安があるという方は、以下のようなお手製殺虫剤を使うのがオススメです。

■レモン水
クエン酸が含まれているレモンなどの汁を蟻はとても嫌います。蟻にじかにかけて殺虫剤として使用するだけでなく、家の周りに吹きかけておくと予防にもなります。 水:レモン汁=3:1の溶液を作って、スプレーしましょう。
溶液を前もって作っておけば、蟻を発見したときにはいつでも即駆除ができるので便利です。

■水+酢
水:酢=1:1の割合で混ぜた液をスプレー容器に入れ、蟻に直接吹きかけると、蟻は死んでしまいます。
また、この溶液も予防用としても使うことができるので、侵入経路になりそうな場所に吹きかけておくだけで、蟻が家に上がってくるのを防ぐことができます。酢独特のにおいも乾燥すれば消えます。

■水+食器洗剤
虫の多くは、体を油のようなもので覆われています。そのため、水をかけても窒息しにくいのですが、油を分解する効果を持つ洗剤であれば、虫の体にしみこんで、呼吸のために必要な穴に入り込み、窒息死させることができるのです。
水:食器洗剤=2:1の割合でよく混ぜ合わせ、直接スプレーすると、蟻はすぐに死んでしまいます。

■珪藻土
蟻は珪藻土に触れると、油分・水分を奪われ乾燥して死んでしまいます。
パウダー状の珪藻土を家の中に撒いておくだけで効果があります。

珪藻土は人間やペットに害を与えないので、安全に蟻駆除をしたい人にはおすすめです。 注意点としては、肺に入ると負担になることがあるため取り扱い時はマスクをすること、湿度が高いと効果を発揮しないことがあげられます。再び乾燥すれば効果は復活するので、除湿機などと組み合わせて使うと良いでしょう。

■ホウ酸
対ゴキブリ用の団子でもよく知られるホウ酸は、蟻への効果が絶大です。ホウ酸は珪藻土と同様の効果を持つだけでなく、蟻の体内で毒に代わります。
人間や鳥、爬虫類、魚、益虫には害がないとされる天然物質です。

完全な天然物質なので安全ですが、塩と同等の致死量を持つため、子どもやペットがいるお家では使わない方が安全です。食品のそばや台所などに保管しておくのもやめましょう。

 

③自分で毒エサを作る
■砂糖+ホウ酸
ホウ酸:コーンシロップ=1:1(大さじ2)を混ぜ合わせ、粘り気のある糊のような状態になったら、紙の上にそれを伸ばします。
蟻が出没する場所に髪をひとつずつ置き、蟻を見かけるすべての場所に設置して回ります。屋外でも使用できます。
設置を続けて、罠にかかる蟻の量が減ってきたら、成功している証です。効果がなくなったら新しい毒エサに取り換えて、完全に蟻が来なくなるまで続けましょう。

 

蟻の巣ごと駆除をする方法

蟻の巣ごと駆除をする方法

①自分で毒エサを作る

■水+コーンミール+ホウ酸
水とコーンミールとホウ酸を混ぜ合わせ、ドライペーストを作りましょう。蟻がよく出没する場所に置いておくと、蟻が毒エサを巣に持ち帰り、幼虫にエサとして与えるため、成虫だけでなく幼虫までも殺虫できます。

 

②巣を直に根絶する

■巣の入り口をふさぐ
巣の出入り口を土や岩でふさぎ、周囲にホウ酸を撒いておきます。すると蟻は別のところへ巣を移動させます。

■熱湯を巣にかける
沸騰直後の熱湯を蟻の巣の入り口から注ぎ込みます。蟻を追っていって巣を見つけたら、すべての穴に熱湯をそそぐのがポイントです。
家屋の損傷を防ぐため、家の中にある巣には熱湯ではなく石鹸水を流し入れます。
また、ヒアリの場合は襲ってくることがあるので注意しましょう。

■杭+重曹+酢
熱湯でもまだ駆除できないときは、杭を巣にさしこみおおきな穴を開けます。穴の半分ほどに重曹を投入し、上から酢をかけると効果的です。

 

簡単にできる!蟻を侵入させない方法

蟻の侵入を防ぐには、以下の方法が効果的です。

 

①侵入経路を絶つ

 

■穴や隙間を埋めて家を密閉する

■蟻の嫌う物質で境界を作る

  • ・かんきつ類の皮をすりおろしたもの
  • ・コーヒーのかす
  • ・シナモン
  • ・カイエンヌペッパー

これらのもので途切れのない線を引いておくと、蟻はその線の内側へは入ってこられなくなります。

 

■家の周辺にレモン水を撒く
水:レモン汁=1:1のレモン水をスプレーしたり、レモン汁そのものを家の周りに撒いたりしておくと、蟻の侵入を防ぐことができます。

 

■精油をスプレーする
カップに10滴ほどの精油を垂らしたものをスプレーすると蟻を撃退することができます。

  • ・レモンオイル
  • ・ペパーミントオイル
  • ・シーダーオイル
  • ・ラベンダーオイル
  • ・ユーカリオイル(※猫に毒性があるので注意)

これらの100%天然の精油が効果を発揮します。

 

②部屋をきちんと掃除する
蟻が入ってくる原因は、家の中にエサとなるものがあるからです。
ご飯のときに並ぶ料理というよりは、床や机に落ちている食べかすや、砂糖、シロップ、ハチミツなどが、蟻を呼び寄せる原因となります。こぼれた糖分やジュースもしっかりと拭き取りましょう。

 

③蟻がつけたにおいを消す
蟻は地面ににおいをつけることによって、エサがある場所から巣までの道筋を明確にしています。

  • ・アルコールスプレー
  • ・ミント水、ハッカ水、お酢
  • ・熱湯
これらを使って、蟻の通り道らしき場所を入念に拭いていくのも効果があります。

 

④ハチミツの壷を屋外に設置する
より豪華なエサで蟻の気を引く作戦です。庭など家から離れた場所にエサになるものを設置して、蟻をそちらに誘導します。うまくいけば、蟻は家の中に入る必要がなくなり、外のエサで満足します。

 

まとめ

屋内に侵入してくる蟻の対策には、さまざまなものがあります。
蟻に悩んでいる方も、「化学薬品は使いたくない」「手間をかけずにしっかりと駆除したい」「人体に安全な方法がいい」「むごい駆除方法は抵抗がある」など、さまざまな思いを抱いていることと思います。
今回ご紹介した対処法の中から、ご自分にぴったりの対策を見つけて、ぜひ実践してみてください。

蟻には種類もさまざまあるので、一番確実な駆除方法は、駆除業者に依頼をすることです。ご自分で施工をするのは手間がかかる、効果があるか不安だという方は、駆除のプロに相談してみるのもいいでしょう。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。