アリ駆除ならアリ駆除navi|家の中のアリ対策決定版!発生理由と効果的な駆除・予防

*

アリ駆除navi

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-790

フリーダイヤル0120-949-790

最新情報・レポート

蟻駆除:9,800円~アリ駆除のプロが対応&ご相談無料|アリ駆除naviの最新情報・レポート記事ページです

家の中のアリ対策決定版!発生理由と効果的な駆除・予防

 家の中のアリ対策決定版!発生理由と効果的な駆除・予防

 

アリが台所に列を作っていたり、床をはっていたりした経験を何度も経験されている方はいませんか?アリの駆除を行っても被害が減らない場合、家の中にアリが寄ってくる原因があるからかもしれません。ただ対策を行うのではなく、しっかりと原因を突き止めて退治・駆除しないと全く効果がないのです。

 

今回は家の中にアリが出る原因と退治方法・身近なものでできる駆除方法をご紹介します。これを見て、ご自身のご自宅を見渡してみましょう。アリが寄ってくる原因が分かるかもしれません。

 

 

何度駆除してもいるのはなぜ? アリが家の中に出る理由

何度駆除してもアリが室内に入ってくる。知らないうちにアリが室内を歩いている。列を作っている。その原因にはどんなことが考えられるのでしょうか?ここでは、その疑問に答える「家の中にアリが出る原因」についてご紹介します。

 

「家の中にアリが出る原因」には3つあります。

 

① 食べ物がそのまま放置されている

アリは、「砂糖など甘いもの」が好物です。そのため、食べ残しや密閉されていないお菓子の袋がそのままにしているとアリがよってきます。そして、地面に独特のニオイをつけ、他のアリに餌を教える「マーキング」の習性があり、集団でアリが侵入してくることもあります。

 

② 家の壁やサッシなどに穴があり、アリが侵入できる隙間がある

アリにはヒメアリ・イエヒメアリ・ルリアリという種類があります。どのアリも体調2.5ミリメートル以下と小さいサイズです。そのため、少しの隙間からでも簡単に侵入することが可能なのです。

 

③ 屋外に置いておいた植木や新聞紙・段ボールなどを室内に取り入れた

室内に置いてある観葉植物を日光に当てるためにベランダに出し、室内にしまったときにアリが観葉植物に付着している場合があります。また、長期にわたって植物を屋外に置いておいた場合は、植木鉢に巣をつくられているかもしれません。冬、越冬のために室内に移した植木鉢から春にアリが大量に出てくるということもあります。

 

家の中に出るアリの種類

家の中に出るアリの種類

 

家の中に出るアリにはどんな種類があるのか、特徴を詳しくご紹介しましょう。まず、アリには「クロアリ」「シロアリ」の種類があります。そして、クロアリにも種類があり、雑食性のクロアリと吸蜜性のクロアリに分けられます。

 

【雑食性のクロアリ】

・ヒメアリ  

お腹部分が黒色をしており、その他の部分は黄褐色をしている。体長は1.5~2ミリメートル。

 

・イエヒメアリ

赤褐色や黄褐色をしている。体長は2~2.5ミリメートル。

 

・ルリアリ   

黒色をしている。体長2ミリメートル。

 

どのアリも、見つめた餌は体内に取り入れて、巣に持ち帰る習性があります。雑食性でなんでも食べます。特に、ミミズや虫の死骸を好んで運んだりします。民家の周辺に多く生息しています。

 

【吸蜜性のクロアリ】

・アミメアリ

頭と胸、腹柄節は茶褐色で、腹部分は黒色をしており光沢がある。体長は3ミリメートル。

 

・トビイロケアリ

全体的に黒褐色。働きアリは体長2.5~3.5ミリメートルなのに対して、女王アリは7~8ミリメートルもある。

 

砂糖や植物に付着しているアブラムシが出す蜜などを好んで食べます。餌を運ぶ習慣はなく、雑草林など緑がある場所で生息しています。

 

そして、シロアリは家の木材を餌としており、羽があり飛ぶことが可能なのが特徴です。クロアリとは全く違う進化をしてきており、クロアリの祖先はハチであるのに対してシロアリの祖先はゴキブリというぐらいに全く違うのです。

 

シロアリも家の中に侵入することはありますが、クロアリと違って列をつくることはありません。そして、甘いものなどを目がけてやってくるわけでもないのです。

 

外で見かけたり、家の中に出るアリは「雑食性のクロアリ」である場合が多いということなのです。

 

徹底的なアリ退治方法

では、家の中に出るアリの種類を知ったうえで、どのように退治すればよいのでしょうか?4つのステップを踏んで、アリ退治を行いましょう。

 

① アリの侵入口を確認する

どこからアリが侵入しているのかを確認しましょう。特定が難しい場合は、アリが多く集まっている箇所を見つけて外までたどるとわかることがあります。隙間が空いているようであれば防ぎます。

 

② 家の中にいるアリを駆除する

掃除機を使用してアリを吸い込むと、小さいので出てくることもあります。そのため、アリの殺虫剤を使用したり、台所の洗剤をかけたりして窒息させましょう。アリが小さすぎる場合は、ウエットティッシュや洗剤をつけた雑巾でアリをふき取ったりすることをおすすめします。

 

③ 巣を駆除する

・巣が特定された場合

巣の上から殺虫剤をまいたり、巣の周辺にアリ駆除のジェル剤などを置いたりして巣ごと退治します。

 

・巣が特定されない場合

巣が特定できないこともあります。その場合は、アリの行列に毒餌の殺虫剤など置いたり、働きアリがいるところに毒餌を置いたりしましょう。働きアリが毒餌を巣に持ち帰ることで、巣ごと退治できます。

 

④ 侵入経路に薬剤をまいて再度侵入するのを防ぐ

家の中のアリを駆除したら、再度アリが侵入しないように侵入口にパウダー状の殺虫剤をかけましょう。侵入口が特定されないときには、窓枠の角に1センチメートルの高さに薬剤をまくと効果を得られます。

 

効果的で手軽なアリの駆除方法は?

効果的で手軽なアリの駆除方法は?

 

家の中にアリが侵入した場合は、簡単に駆除できる方法があります。詳しくご紹介します。

 

① 輪ゴム

アリは輪ゴムのニオイを嫌うので、アリがよってきようなところにかけておきましょう。アリの通り道にも輪ゴムを敷いておくことで、そこを通らなくなります。ただ、その場を嫌うだけで他の場所に移動することも考えられるので注意しましょう。

 

② コーヒーのかす

アリはコーヒーのニオイも嫌いなので、アリやアリの巣の周辺にかけておくと巣をほかに移そうするかもしれません。

 

③ 熱湯をかける

アリは熱湯が苦手です。アリの道に熱湯をかけるとすぐに駆除できます。ただ、家の中の場合に畳の上など不向きなところもあります。

 

アリを予防するための日頃の心がけ

アリを家の中に入れない予防のために日頃に気を付けることをご紹介します。

 

・台所にお菓子などの食べ物を放置せず、キレイにしておく

アリは甘いものを好物としており、ニオイによってきます。特に台所にはお菓子などが保管されていることが多いです。机の上に放置したままでは、なく棚などにしっかりしまいましょう。また、雑食のアリはご飯や干物などなんでも食べます。食事の用意をして、そのまま放置しておくと危険です。ラップなどをしっかりかけるか、冷蔵庫にいれましょう。

 

・食べたまま食器を放置しない。

食事を終えた食器や食べ残しが残った食器を放置しておくと、アリがそのニオイによってきます。食器はすぐに洗いましょう。

 

・食べ残しはすぐに処理する。

食べ残しをまた後で食べようとして放置しておくと危険です。そのまま放置せずに、冷蔵庫などに保管するか、処分するようにしましょう。

 

・ゴミ箱にはフタをつける。

ゴミ箱にフタがないとアリがたどってしまいます。しっかり密閉されるゴミ箱を使用しましょう。

 

まとめ

今回は、家の中にアリが侵入する原因と、アリの退治方法や予防方法をご紹介しました。

 

アリには種類があり、家にはって上がりこんでくるアリは「雑食性のクロアリ」です。雑食性だけに、甘いお菓子以外でもアリの寄ってくる原因になります。食べ残しをそのままに放置することは避けて、冷蔵庫などで管理しておくことが予防になるでしょう。そして原因を取り除いた後に退治するようにすると効果的です。

 

身近なものを使用してもアリ対策として有用なものがあります。気軽に用意することができますので、実践してみてはいかがでしょうか。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。